きゃめるの奮闘記

くだらない日常的なことや好きなゲームのことなど。現在雑談メイン
きゃめるの奮闘記 TOP  >  2008年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シーズン2.0開始

大幅アップデートきました。
シーズン2.0の目玉モンスター「エスピナス」を様子見でソロってみました。
とりあえず参考記事なので詳細は別途(まだ課題が多いです)

樹海です、ヒプノックの時と同様ザコがうざいです、特に大雷光虫…
エスピナスの挙動は個人的にはティガレックスタイプかなーという感じ。通常時は発覚していても攻撃してこず、うろうろしてるだけ。時々気まぐれのように前方に噛みついてくるだけなので攻撃しほうだい。ただ歩いているだけであちこちに攻撃判定があり、たたずんでいながらも頭を揺さぶったり、体をゆすったり、尻尾を少し動かしたりするすべてに攻撃判定があるので注意(さほど減りませんけれど)

ガンランスなので当然隙を見せるならロマン発射。でもロマンうつとすぐ怒るんだよな…
たたずみ中にロマン


通常時切断属性が通る肉質で有効そうなのは腹、尻尾(先の方)くらい、頭はものっすごく固かったです。
怒ると(一定ダメージ到達らしいです)ようやく本気で戦闘という感じ。肉質が変化しますので、頭、腹が白ゲージで血しぶき状態に。

破壊を確認できたのは翼、角、尻尾

翼はロマンで偶然壊れました、壊れた様子がこちら
翼の棘破壊された様子


尻尾がきれた様子
しぽきった


35針で討伐(HR31しばりですこれでも)
しんだ


ぶっちゃけかなり強いと思います。
達成画面


大きさはこんなもんでした。
大きさはこんなもん


20分ほど試しに戦ってみてから、本気モードで閃光15個持ち込んでのクリアです。
立ち回りもクソもないので、詳細はこれからいろいろとやってみようと思います。

----- 追記 -----

PTでいってみたところ4人だと5針で終わってしまいました。体力とかはそうでもないようですね。ちなみに部位破壊は角、翼、背中、尻尾まで確認しました。
HR100しばりのやつは、攻撃倍率と体力(もしくは全体防御)が結構ありました。とりあえず痛いです…
スポンサーサイト
[ 2008/01/30 22:23 ] ソロ | TB(0) | CM(0)

銀河クエスト

あれこれソロをやっては記事報告しながらも、合間にいつも少しずつやっていて未だにクリアの希望すら見えない私にとっての最難関クエスト4本の角。
ドラグヴァイスに攻撃大、見切り+3、匠ですら砂討伐27分とか…大きさや体力、移動ルートなどの運が左右してくることもよくわかるのですが、手頃なサイズで開始エリアに恵まれた時などはなぜか合流が…
やはり1度の合流程度では揺るがないプレイヤースキルがあって初めて成しえるクエストなのだろうと思います。
4本は連続でやり続けると心が折れるので、気分転換も必要ということで、こんなことも。

星鉄を集めてみた
星鉄


コラじじぃ、俺と取引しないか?
じじぃ


興味を示したようだ
興味を示した


じゃじゃ~ん、高速肉焼きセットゲッツ
くれた


これでコゲ肉の生産も楽になるというもんです。
[ 2008/01/28 16:05 ] その他 | TB(0) | CM(0)

忍び寄る脅威

なんだかんだいいながら、古龍にも手を出してしまったのでやっておこうということで最後はナズチ。
古龍シリーズは振り返ってみるとクロームレクイエムでばっかりクリアしているので、統一しておこうということで(一度レクイエムで出かけたつもりがガンチャリオットを装備していてビックリしたのは内緒)
結果からいうと何度か挑戦させられるハメになりました。スキルも戦術も当初のイメージからかなりかけ離れたものになったので本人もびっくり。

武器:クロームレクイエム
スキル:攻撃UP中、斬れ味+1、ガード性能+1、盗み無効
食事:体力+50、攻撃UP大
持ち物:
調合書①~⑤
活力剤x10
ケルビの角x10
回復薬x10
回復Gx10
秘薬x2
強走Gx5
砥石x20
力の爪、護符
守りの爪、護符
解毒薬x10
ペイントx20
千里眼x3
音爆弾x10

戦術、立ち回り:
まずは脳内で立ち回りのイメージ。以下きゃめるの脳内
「みえねーし、あちこちはじかれるから砲撃がいいよな、久々の撃ちまくり記事ウホホホ」
「ぶっぱなしだけだから匠はいらんな」
「研ぐの怖いから高速砥石か業物つけたいな」
「ロマンぶっぱなせるの尻尾パタパタくらいかな…」
「パタパタ龍風圧じゃないか…龍風圧セットでいくべし」
「そういえば毒いてーな、モーション見えないからかわせないし、解毒持ってくか毒無効あるといいな」
「なんか喰らってぶっとんだあとゲロきたらスタミナないど・・いにしえ調合いるべ」
「調合はいいけど調合書①盗まれたら55%ロマン調合でしのぎきれるのか?」
「強走とか秘薬とか痛いのばっかり盗むから盗み無効は必須だな」
などとあれこれ悩みながら最初のチャレンジでは、龍風圧無効、盗み無効、高速砥石でチャレンジ。バスバス砲撃を撃って…と思っていたらダメージ具合はたしかにいいようで、すぐお怒りになるナズチさん、ですが怒り状態(しかも2分も続く)のラッシュが鬼。砲撃撃ってる場合じゃありませんでした。思えば砲撃祭りはPTでターゲットが分散するから撃ち放題で楽しいのであって、ソロではかなり手数を制限されて苦戦。キリンに引き続いてナズチまでもがグダグダ記事を晒すのかとちょっと個人的に萎えたので、再度肉質あれこれを調査。
最も肉質がいい頭への斬撃はかなりのダメージですが若干斬りにくい位置。そして今回最大の発見(大袈裟)だったのは胸。ステルス時30%らしく緑ゲージでも斬れる部位。怯めば頭が下がるモーションがあったりするので頭も狙いつついけないもんかということで、前方張り付きの斬撃メイン戦法を模索してみました。もっと効果的なものもあるかもしれませんけれど、とりあえず個人的には非常に楽でした。

そしてみつけた位置がここ、ナズチの胸(首に見える部分も胸判定のようです)へ上突きがギリギリあたる距離
この位置


ソロの場合、ナズチはハンター側へ向きをかえ正面にとらえてくるので距離さえだいたいあっていれば勝手にナズチが位置修正をしてくれるのも、みえない不利を緩和してくれてよさげ。
この位置からの立ち回りとしては、ナズチの攻撃を「音や目視で確認した後」の後だしで下記のように。
・ブレス(2種類とも):ブレスはハンターの上を飛んでいき、まったく当たらないので上突きで胸へ3発+2発程度、怒り時は1~2発減らす。
・舌ビンタ:判定は2回左、右と出ていますが1回ガードすればOK、なので初撃の左への舌をガードしたほうが1発お得。ガード後上突きx数発ですが、頭を斬るチャンスなので頭の動作に合わせてタイミングをとれるようになると尚いいでしょう。
・パンチ:ガードして1~2発上突き。怒り時は次へのつなぎが早いので1発にしたほうが無難
・尻尾パタパタ~舌:パタパタ風圧には無縁の位置。パタパタパタパタ~舌というコンボなのでパタパタ中ずっと上突き。舌にも当たりませんが、腕に当たるのでガードしておいたほうが無難。
・毒ブレス:基本ナズチの行動を確認できるまではガードしているので、不意に喰らうことがなくなります。毒をガード(壁際だったりで距離が近い場合は着地風圧も1回ガード)した後にその場から斬り上げが頭にヒットします。毒ブレスの後は若干距離が開くのでガードしながらズリあるいたりして若干調整、非怒り時なら斬り上げ~ステップにつなげず~そのまま徒歩で2~3歩ほど歩いてガード状態に移行すればOK
・ショート突進:喰らうことはほとんどありませんが一瞬で距離をゼロにされるので位置調整だけが面倒。私は結構なれたので突進後、姿が見えている胸へかなり鋭角に(マイナス角)胸へ一発~サイドステップでナズチ後方へあえて移動。ナズチが振り向いてくる間に距離を少し調整という感じ。慣れないうちはナズチの次の行動を一回ガードして、攻撃せず位置調整というのが無難でしょうか。
・怒りモーション?:ナズチが怒りに突入すると音楽が鳴り(よく考えるとウケますね)、ナズチはきょろきょろしているのですが、ここも2~3発突いてあげましょう。

ちなみに緑ゲージにまで落ちている場合は上x3の部分を上~砲撃~上にすると若干ダメージ効率がいいです、もしくはちょっと近いかなーという時の微妙な位置調整に一発撃ったりするのもいいでしょう。

怯んだ場合は怯んだナズチの頭の動きをイメージして上突き、ここは視認ではなく心で感じるべき。ロマンが撃ちたくてしかたない人は怯みを確認したらその場で即発射(上突きからなのでつなぎやすいはず)すると首で怯んだナズチが怯みモーション復帰と同時に頭で怯んでくれたりも…
グラの腹下やティガレックスの頭にはりつける人なら余裕でいけるはず。個人的にはいい発見でした。なにより「ナズチ相手にはじかれない」というのが精神的に◎
ちなみにナズチの攻撃へのガードですが、ブレス(液状)のものがガード+2が必要で、それ以外はガード+1があれば問題ありません。ガード性能がないと舌にノックバックさせられたりかなり不便なので+1はあったほうがいいでしょう。


エリア6スタートでナズチのいる8へ、虫がうじゃうじゃいるので麻痺からのコンボには注意しつつ。ナズチの頭はすぐ壊れるので、特に意識せず首狙いで。音爆弾はナズチのエリアを追っていった後に、かなり遠距離から突っ走ってくることがあるのでその時に投げて怯みをとるのが気持ちイイためだけに使用。首張り付きの場合音はなくてもいいです。
何度かやってみた感じ、ナズチも連続怒り状態があるようですので、連続怒りを確認したら尻尾をまったり切断しようと思っていたところ、20針くらいからエリア移動が結構多くて、普通に怒りなのかエリア移動後の発覚動作なのか(音楽が一緒なので)よくわからず、戦闘をしていました。そろそろ連続じゃないのかな~と思っていた矢先。メインターゲットを達成のアナウンス。

えぇ!?
あっ死んじゃった


死んじゃいました。ナズチの尻尾切るのをちょっぴり楽しみにしていただけに残念です。
とはいえ、楽な立ち回りを発見できたので満足。

達成画面


報酬を見ると宝玉がひょっこり出ていました。上突きでフィニッシュしているのがとても残念ですけどね。

たまだ

[ 2008/01/27 11:00 ] ソロ | TB(0) | CM(0)

古塔を駆ける幻獣

みたくなかったクエストが配信されていました。HR71しばりのキリンさん。
しかたないのでやってみました。砲撃メインで戦闘してみたところ回復が持つとかそういうレベルではなく、2死リタイア。
やむなく斬撃主体の戦闘方法をアドリブで模索。とりあえず初回チャレンジでクリアだけはできましたが、すでにトラウマ。

武器:クロームレクイエム
スキル:攻撃UP大、見切り+1、斬れ味+1、ガード性能+1、業物
食事:体力+50、攻撃UP大
持ち物:
調合書①~⑤
活力剤x10
ケルビの角x10
栄養剤Gx5
マンドラゴラx5
回復薬x10
ハチミツx10
回復Gx10
秘薬x2
強走Gx5
砥石x20
力の爪、護符
守りの爪、護符
モドリ玉

戦術、立ち回り:
5スタートで頂上へダッシュ、残り42分ごろから戦闘開始はいつものパターン。
砲撃主体とは違い斬撃メインになるので、武器をしまった状態から踏み込みチャンスをうかがう。キリン振り向きに合わせてや落雷時後方から突き。ダウンしたら角へ踏み込み+前方突きまでいれられればベスト。砲撃は落雷時背後から等たまに撃つ程度。緑ゲージに突入して研ぐ前にちょこっと手数を出したいときなどにも。ロマンは蹄研ぎ時にほぼ限定。
攻撃力が半端でないので、砥石の利用はエリアチェンジしてチキン研ぎ、実は2回研ごうと試みていますが運だめし、結果は「不運」ということだったので、その後は素直にエリアして研ぐことに。調合などもエリアで済ませておくと吉。
結論は45分ごろ討伐。必死すぎてSSどころじゃないので録画に頼りました。
ハッキリ言ってしまうとガンランスvsキリンソロはオススメできません。どうしてもガンランスにこだわって倒したい、でも倒せないという方には少しだけ参考になるかもしれません。

コチラ

いつものフリープラン
ID camelfb
フォルダ camelmovie
PASS free

毎度ファイルバンクで申し訳ないです。
[ 2008/01/26 23:00 ] ソロ | TB(0) | CM(0)

獄炎の砂漠

かっこいいタイトルですが、ただのテオです。帰宅後半端な時間に寝てしまい、起きてログインしても誰もいなかったのでヒマだったということで。

武器:クロームレクイエム
スキル:攻撃UP大、見切り+1、ガード性能+1、斬れ味+1、業物
食事:体力+20、攻撃UP大
持ち物:
調合書①~⑤
栄養剤Gx5
マンドラゴラx5
回復薬x10
ハチミツx10
回復Gx10
強走Gx5
クーラーx5
砥石x20
力の爪、護符
守りの爪、護符
モドリ玉

戦術、立ち回り:
最もめんどうなエリア4スタートで6を経由して5へ、4スタートだとテオの着地へ先制攻撃は不可、案の定間に合いませんでしたが気にせず戦闘開始。
砲撃、ロマンを封印してひたすら頭狙い。ダウンしても頭への蓄積のみに精を出す。ちなみにテオの頭はドドブランゴと同じような判定だと思われます。顔部分は頭判定ですが、見た目上の頭は別の部位のような(検証したわけではありません)。なので頭はりつきを行う場合はテオの顔に上突きがギリギリ当たる位置がよさげ、この位置だと鬼めくり判定のぬこパンチも正面ガードで問題ありません。
頭が壊れたら次は翼に。翼はテオのブレス時などに砲撃で破壊が楽です。斬撃よりも格段に早く壊れるので、この辺はガンランスならではといったところ。
ここからは尻尾タイムですが、この辺からほんのりとロマンを混ぜていくとストレスがたまらなくてよさげ。(あくまでも私の場合です、ニコチンとロマンに激しく依存)
別に尻尾は必要ないことも多いのですが、気分的になんとなく。たまに宝玉でたりもしますし。
全破壊までで針25といったところ。HR71しばりのテオですが、初期のナナとあまり変わらないような…武器が強いのもありますけれど大差ないような。

しぽ


破壊が完了したらあとは遊ぶだけ。ロマンを全面解禁してもりもりいきます。テオはロマンチャンスが少なめで、ブレス時や尻尾振りあたりが無難でしょうか。ストレス爆破モーションに鬼反応発射で爆発をロマン無敵でやりすごした経験もありますが、二度とできていないので安定するなら自重。まあロマンを追い求めるなら撃つべきです。

ろまん


35針で討伐。ゲージを維持して頭を斬っていたほうがはやかったのかもしれませんけれど、SS用のロマンフィニッシュ、悪くて砲撃フィニッシュを狙っていたので手こずりました。

たっせい


きっちりロマンでフィニッシュとれましたが位置がよくなかったのが若干悔やまれます。
そういえば密林のHR71しばりクシャルも35針くらいだったような。古龍はだいたいこんなもんで安定なんでしょうか。てことはバルカンバスターだと…西郷先生よろしく。

ふぃにっしゅ

[ 2008/01/26 03:54 ] ソロ | TB(0) | CM(2)

黒狼鳥

がるるがさん。モーションのなさは天下一品のおかたです。私は通常武器を出していてもトコトコ歩いていたり、ステップしていたり、様子をみていたりしていることが多く、ガード状態で待つというのがあまり好きではないので、敵攻撃モーションを見てからガードすることが多いのですが、そういったクセという意味において相性の悪いがるるがさん。
体力が結構あるようなのでさほど武具の手抜きは危ないだろうということで海の王のご加護を借りて挑戦してみることに。やる前からゲンナリ。

武器:海王槍リヴァイアサン
スキル:高級耳栓(別に耳栓でいい)、ガード性能+1、斬れ味+1
食事:体力+50、攻撃UP大
持ち物:
調合書①~⑤
回復薬x10
回復Gx10
ハチミツx10
活力剤x10
ケルビの角x10
秘薬x2
砥石x20
こんがり肉x10
ペイントボールx20
力の爪、護符
守りの爪、護符
シビレ罠
閃光玉x5(鬼スピード時研ぎたい時用)

戦術、立ち回り:
エリア8スタートで6へ行きケルビの群れをみながらまったり待つ。ガルルガが来て戦闘開始、白ゲージ時は頭へ斬撃がかなりダメージソースとして優秀なのでロマンは青以下(と予定していましたが、後半みだれます)、まず尻尾の切断を狙いますが、ガルルガの尻尾はとても楽。グワワワ唸りや、ブレス、突進後後ろからなどとても斬りやすい部類かと思います。切断に対する肉質も悪くないので尻尾はすぐきれて、続いて頭狙いのはりつき。
ガルルガへのはりつきは個人的にはクチバシから1キャラ分はなれたあたりガルルガの斜め15度くらいが(細かい…)いいような気がします。ブレスはガードして上突きを、唸りには斬り上げ~上突きなどのコンボ、サマーは尻尾がなければガルルガとの角度を維持しつつバックステップ、突進は私はガードできない(常にガードしていない)こと多々、まあガードしとけと…
ついばみやダッシュからのクチバシなどをガードして近距離になった場合がちょっと問題で、突きをやると肉質の固いところに当たってしまいがち。ガルルガ相手にはじかれてる場合じゃないので、ガルルガ懐にはいるような近距離の場合は上突きなら「うちもも」、斬り上げで「足」あたりが無難でしょうか。
ロマンのチャンスは基本の壁際突進ガード後の即振り向き~

壁際で
ダッシュガード後


サマーガード後はちょっとコツが。ガルルガのサマーは空中で若干前進してから着地しますので、サマーがきそうな時はガルルガの左ナナメ前方(距離をとるイメージ)にバックステップしておいて、風圧をガードしたらガルルガ着地地点に向けて発射。
ガルルガ着地時は左足が後方に下がっているので当てやすいはず。ちなみに最初のステップによる距離調整がいい具合だった場合はどっちからでも当たりますので、さほど神経質にはならなくても可

これは右後方から撃った感じ
サマーの着地


怒り時はロマンを当ててダウンなどが奪えなかった場合に鬼スピードで振り向き突進などを回避できないこともありますが、必要経費と割り切ったほうが健全です。ロマン撃たないとなんか虚しくなってきますしね。
30分ごろカニと雷光虫とガルルガにいじめられて1死。ブレス燃える~ふっとぶ~突進重なる~ふっとぶ~気絶~突進~死亡なんていうケースもありますし、想定内なので全く気にしない。

虫つぇぇ…
乙


ここから壊れます。「もう一回死ぬまで、すきにぶっぱなす」というモード。
白ゲージから発射チャンスにはもれなくロマン。連続怒りに入っているようなのでスピードが速く、正面からロマンを撃った無敵中に突進をすりぬけるなんていう芸当も見つつ(さすがにSSはとれませんでした)残り時間5分アナウンスと同時に討伐。

討伐


ちなみに30分から砲撃も撃ちまくっていましたところ、どうやら翼だけは壊れた様子。ロマンも翼にわりとひっかかっているようです、優先判定なのかどうかはわかりません。
効率最優先でいくと、白青ゲージ維持の頭突きまくりが一番いい気がしますけどね。

達成画面

[ 2008/01/25 03:19 ] ソロ | TB(0) | CM(0)

結果発表

韋駄天杯の結果がでました。
今後賞品なり内容なりが変わらない限りあまり真剣にやることはないだろうと思いますが、参加した以上ちょっぴり結果は気になったりするものです。

結果はこちら
韋駄天結果


6位ということでした。
お知り合いのハンターの方達も双剣、片手、ヘビィ、ライト、弓なんかに名を連ねておりました。さすがです。

今日はまったり友人たちとプレイ。一押しクエストは金銀卵とババコンガでしょうか^^ 
でも報酬で金の卵6個出されても5個しか持てない罠があったり…
あとはこっそりネオジムメモ確定っぽいクエも配信されている様子。参加メンバーには全員出ていましたよ。
[ 2008/01/24 00:40 ] その他 | TB(0) | CM(0)

キリンその後

大問題のキリンさん。何度か練習してみましたが、結論が。

・怒り時は砲撃を撃ってはいけない。厳密に言うと後半の連続怒り状態では攻撃せざるを得ないのですが、「回復消費を割り切って」攻撃する必要があります。キリンの方向転換などへの踏み込みもスーパーアーマーで転びこそしませんが、削られてしまうという…

・武器を出した状態でキリンの正面位置で落雷モーションを見てしまった場合。落雷の種類にもよりますが、前後を挟まれる形で攻撃判定があるため、ガードできないこと多々。ここも回復消費と割り切ることに。悪あがき手段としては踏み込み斬りで離脱を試みるという価値はあります。

・砲撃タイプは「おそらく」拡散がベスト。いわゆる手数が出せる相手ではありませんし、攻撃の連続性もありませんので、単発威力の高い拡散がいまのところ最も有効そうです。リロードはケルビステップや超速ダッシュで離れていってなぜか遠距離落雷時など、さがせば隙があります。ただしリロードですらギリギリなので要注意。

・業物なしで砲撃、斬撃を織り交ぜた攻撃を行っても充分白青ゲージ維持ができる。キリンの体力が低めなのもあり、総アタック数としては少なくて済むので、ガンガン撃っても(撃てればの話)砥石に困ることはなかったです。

・砲撃でダウンを奪った後はよほど位置が良くない限り追撃できない。自分は砲撃の硬直+武器が出ている状態、キリンは砲撃によって後方にぶっとんでいて距離がありますので、ここは「リロードする」という選択肢もあります。非怒り時は納刀~抜刀が一応一発入りますが、角に当てれることは稀。ちなみに体に踏み込みを当てたとして、基本倍率190ラインのガンランス白ゲージでも10ダメージ程度。

・古塔の頂上戦闘でキリンが頂上に到着するのは残り時間42分ごろが多い。いわゆるこの時点で8分無駄になっているわけですが、ギアノスを処理する精神的苦労がないので個人的にはのんびり待つのが好きです。ちなみに残り42分から戦闘開始して討伐タイムとしては35針(35分~40分の間)がいまのところ安定してきていますので、おそらく待った方がいいかと思います。ただし、私が練習しているのはHR41~のものですので、HR71しばりの個体になると体力にして1200~1500程度の差がでることを考えるとギリギリかもしれません。かつ攻撃倍率が鬼なので、はたして回復がもつのかどうか…

これらを踏まえて立ち回りを考えていっていますが、近接vsキリンは攻撃後の離脱がよほどいい武器(ハンマー等)でない限り、被弾はある程度やむを得ないと割り切ることにしました。
もう少し練習をしてみて、これ以上の上達が見込めなければ、現時点での笑える最高パフォーマンス動画でもあげてみようかと思っています。(ナナ=フレア白ゲージ、35針)

防御を上げて(620)高速砥石、匠の練習セット
練習セット


いまのところこのくらいです。(砥石が6個で済んでいる!)
キリンいまのとこ最速タイム時


[ 2008/01/23 00:56 ] その他 | TB(0) | CM(0)

リンク追加

かなり以前に、MH関係では老舗サイトのし~ねっとを運営されている方と一緒にプレイした際に、MHFではハンター紹介コーナーを作りたいとのことで、こっそり載せていただきました。
今更ながらリンクさせていただいたので報告を(汗)

※本人ブログの「機能」についてはあまり関心がなかったりしていたため、こういった作業はごく最近からはじめました。ちなみに見たことのないHTMLとスタイルシートに悶絶しながらカウンターを取り付けてみたりもしましたが、携帯、PC共用という設定なはずなのに携帯では表示されなかったり…まぁついただけマシという感じでしょうか。基本的にリアクション(コメント等)の薄いブログですので、カウンターで1件でも増加しているとそれだけで頑張れる(気がする)ために設置したものなんですが。
[ 2008/01/23 00:32 ] その他 | TB(0) | CM(0)

古塔をうつ落雷

なんというか、きりんさんです。
おそらく全モンスター中ガンランスの相性が最も悪い相手といえるでしょう。
挑戦したのは上位ですが、白青ゲージに頼った斬撃メインにすると下位では対応できないだろうということで、砲撃とロマンのみでどこまでいけるかという不毛な挑戦。

武器:ブラックゴアキャノン
スキル:回避性能+2、ガード性能+1、麻痺無効、高速砥石、アイテム使用強化、(龍風圧無効、寒さ無効)
食事:体力+50
持ち物:
調合書①~⑤
活力剤x9
ケルビの角x9
いにしえの秘薬x1
秘薬x2
回復薬x10
回復Gx10
ハチミツx10
強走Gx5
砥石x20
力の爪、護符
守りの爪、護符
モドリ玉

戦術、立ち回り:

※前提として、一応討伐はできていますが非常にオススメできない戦術ですので間違っても真似はしないで下さい。

武器は常時出しっぱなし、常時近距離を維持。キリンがこちらを向きなおす瞬間に向って左(キリンの右側)にステップして若干軸をずらす。ダッシュならすれ違いざまに砲撃1発、落雷モーションの場合はもう一度ステップでキリンから見て右ナナメ後方にステップして砲撃1発、ときおり真後ろに位置できることもありますが、同様に。近距離で蹄研ぎモーションの場合はロマン。
いまだ落雷の判別(どこに落ちるタイプか)が苦手でして、落雷が後方にも落ちるタイプなのに砲撃を撃って感電したりしながら、超グダグダな戦闘。
ちなみに怒り時は後方から砲撃を当てても、怯みキャンセル振り向き突進などが直撃、回避不能です。本人は練習のつもりだったので気にせずやっていましたが…、あと怒り時は高速砥石ですら研ぐ隙を見つけるのが一苦労。怒り時は回復の調合とかにあてた方が健全な気がします。
エリア5スタートで発覚されてのスタートでしたが、ギアノス達がうざいのでシカトして頂上へいき、まったり待つ。どうせ練習のつもりだったので立ち回りで試したいことだけをやれればいいかなと。
5分すぎにキリン登場、予定よりやや早い到着。その後キリンは一度もエリアを立ち去ることなくガチで戦闘してくれました、感謝。
上記戦術が脳内イメージだけのものだったので、ステップの方向だとかタイミングだとかを練習しながら、もりもり被弾しつつ戦闘。ちなみに気絶は3回。落雷での麻痺~不可避落雷などで死ぬのが怖かっただけでクシャル防具にしたのですが、気絶は想定外でした。でもよく死ななかったなと今更ながらに思います。
回復Gを使い切り、さらに10個調合してそれも使い切り、秘薬も使い切り、いにしえは4個(回復がないので)使用という…およそ攻略とは程遠い内容でした。
残り10分アナウンス後討伐。おそらく43分くらいだったと思います、純戦闘時間で35針(35分~40分の間)といったところでしょうか。

倒したけれど、気分は負け
あら…おわた


どなたかガンランスでキリン討伐得意な方いませんか?(涙)
お願いします、誰か助けて


戦闘中は終始こんな感じでした。
ずっとこんなんです


対キリン、戦術に納得できる日がくるのでしょうか…
正直いってキリンの行動に砲撃硬直を晒す戦術は現実的でないのかもしれません。完璧なステップと落雷地点の見極めが良ければ、怯みキャンセルの被弾で済むのでしょうが、私には果てしない銀河です。
[ 2008/01/21 23:02 ] ソロ | TB(0) | CM(4)

黒龍 ~ シュレイド城での決戦

祖龍、紅龍ときて実はすぐに黒龍に挑戦してみていました。武器はブラックゴアキャノンだったのですが、時間切れに。要因をあれこれ考えてみましたが、やはり飛行の多さからくる時間のシビアさが3種のミラの中では一番厳しい相手(祖龍も飛びますが体力が低い)
ガンランスでやっていて、厳しいと思うところはのしかかりモーション連続状態。普通の機動力のある近接だとウハウハなこの時間ですが、ガンランスは短距離での機動力しか持ち合わせていない+メイン攻撃手段が砲撃なので、攻撃後の硬直も含めて非常に追いかけにくく、時間を消費させられます。例外として壁際では問題ないのですが、壁際付近にくるとこのモードが終了してしまうようになっているようです。
もう一点が低空ジャンプブレスからの飛行状態。これは飛び道具以外の武器は共通なのですが、頻度が非常に多く時間の無駄。
これらの無駄な時間帯を威力でカバーしてみようということで武器を変更してみました。

武器:クロームレクイエム
スキル:高級耳栓、ガード性能+1、斬れ味+1
食事:体力+50、攻撃UP大
持ち物:
調合書①~⑤
回復薬x10
ハチミツx10(未使用)
回復Gx10
秘薬x2
活力剤x10
ケルビの角x10
砥石x20
キレアジx10(未使用)
強走Gx5
怪力の種x10
力の爪、護符
守りの爪、護符

戦術、立ち回り:
レクイエムに変更したとはいっても足、腹部位への斬撃はどのみち砲撃ダメージに劣っているので、狙いは一点低空ジャンプブレスの着地に頭への斬撃。肉質がいいので威力の高いレクイエム(+龍属性)だとゴアキャノンとはかなりのダメージ差になります(1回の着地で3発ほど斬っています)
その他の状況では壁際のしかかりモーションのみ斬撃を交えた連携、あとは砲撃かロマンで体力を削っていきます。
紅龍と違い、はいずりがあるので正面からの頭狙いが厳しいため、黒龍の足のやや外側が基本位置で、そこから砲撃等をうっていきます。はいずりを出されても足の外側であれば砲撃を撃ち放題(やや近いかなと思ってもノックバックで下がれますのでわりと楽)
他は黒龍がこちらに向き変更をしてくる際に2回にわけて向き直ってきますが、その1回目は撃ち放題、2回目は黒が向いてきた方向と交差するように反対側の足外側に向かってステップしていきます。その後の黒龍の選択肢によってロマンや砲撃と使い分けます。
低空ジャンプブレス後は昔よく見た3連続ブレスの頻度がほとんどありませんでした(3回を確認したのは1回のみ)、ほとんどがジャンプブレス後1発うってから着地か、なにもせずそのまま着地のどちらか。ということで砥石を使うチャンスがかなりシビア。頭は緑ゲージでも斬れるので、場合によっては怪力の種だけを摂取して着地に備えることも。

この後着地の頭へ踏み込み、突き(スカリ)、斬り上げ(気分が乗っていれば砲撃)
顔が怖いけどさほどでもない


ロマンのチャンスは安定を求めると実は少なめ、眼まで破壊できた後は斬撃よりもロマンの攻撃量のほうが高いので低空ジャンプ時に黒龍の影の部分でしゃがみ、そのままヘコヘコと尻尾にひっかからないように移動、着地の風圧を1回ガードして即ロマンと、エリア移動時の着地へ合わせていくように。

ミラ系は例によって早めに撃つと謎の判定消えがあるので、エリア移動は着地風圧を2回ガードしてから落ち着いて発射
着地へロマン


あとは黒龍の向き直りに当てていったりもしますが、3種のミラの中では最も怯みにくい(体感)と思うので、当たれば怯むだろう的なギャンブル発射はあまりオススメできません。

レクイエムへの変更の効果か、眼までの破壊はかなり早めに終了。その後はヘコヘコロマンへ切り替え、チャージできていないときは斬撃で。
25分ごろのしかかりをガードしたつもりがレバーくるっ!現象で直撃、1死。力が入るといつもこうです。35分すぎごろにはじめて空中での3連ブレスを確認。連続?怒り状態と関係があるのでしょうかね?謎です。
黒龍は体力状況が全く推測できないので、残り10分アナウンスを聞いてかなり焦る。ここから若干アグレッシブにやっていると案の定残り5分アナウンス後喰らったことのないはいずり直撃で死亡…なんだか悔しいので最後の一発まで撃ってみようということで戦線復帰。
ロマンの度にこれで終わってくれと願いつつ。最後に時間を確認したのは残り11秒、ロマンがチャージするかどうかの瀬戸際でしたが、砲撃で終わりました…ドラマ性に欠ける男です。

うほ!?死んだ。完全に気分は次のロマンだったのでかなり意表をつかれる
討伐


とはいえ3ミラの中で精神的に最も苦戦した黒龍を倒せたので非常に嬉しかったり。
翼は壊れてないですけれど、ちょっと私の腕では無理がありそう。眼だけでも充分さ、うん。

ばあちゃん、やったぞ~!
とてもうれしい


おいらのフィニッシュはいつもこんなんです。
フィニッシュ

[ 2008/01/21 01:53 ] ソロ | TB(0) | CM(0)

いつもお世話になって

いつもブログ環境あれこれについて教えてもらったり、マニアックな遊びに付き合ってもらっているでゅーく西郷氏。
西郷氏はあらゆる武器を使いこなす万能ハンターでして、所持している武器も非常に多彩かつ強力かつマゾイ。いつもソロプレイのアドバイスをいただいたりしてお世話になっております。彼もブログを書いており、私もほぼ毎日拝見させていただいたりしています。いまさらなのですが、リンクさせていただくことに。

※逆襲グラビモスのヘビィ動画は必見です。
[ 2008/01/20 14:23 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ブラックゴアキャノンズ 1.20

配信中のクエストにそそるものがないので、まったり西郷どんと闘技演習など。
燃石炭35個は、むなしいソロチャレンジの成果で採集、採掘ポイントが把握できて、二人で余裕のクリア。ドドブラまで一気に終了させ、めでたく道場師範になれました。
西郷どんはモスの化身防具で、まさにブタ野郎にふさわしいセットをつくっていたりして、ちょっぴり嫉妬。剥ぎ取り名人がうらやましくて萌芽やっとけばよかったと後悔したりも。
そうこうしているうちに行きたいクエがなくなってしまい、実現していなかったバルカンvsブラックゴアキャノンズでもやろうかということに。

バルカンは久々だったので恐怖いっぱいながら、やせがまんしながらの戦闘。一度低空ブレスで踏み込み回避の予定がバックステップ回避という謎のミスをしていますが、運よく爆風部分だけに当たって生き残ったりしながら、もくもくと戦闘。
ソロと違いターゲットが分散するので攻撃が読みにくく、各段に難しいバルカン戦。何度か涙目になりながらロマンと砲撃をもくもくと撃ち続ける。

久々なので、ものすごく怖いです。口から煙でてるし…
ゲヘヘ口から煙でてる


西郷氏がバルカンの滑空に砲撃で撃墜を試みるというロマンを通り越した無茶な芸当を見せてくれたりして、若干緊張がやわらいだりもしつつ、針30分で討伐。
討伐した場所が素晴らしく、まさに一回も剥ぎとれないところで昇天。素材なんて飾りです、偉い人にはそれがわk(ry

とにかくかっこいいブラックゴアキャノン。剥ぎ取れないけどね
まったく剥ぎ取れない


しかしいつもながらブラックゴアキャノンズは楽しいです。マニアックなフレしか付き合ってくれませんけどね。
そもそもギアドライブに喰われてるせいで、ゴアキャノン持ってる人がそんなにいないという…

こっそり撮った動画

いつものフリープラン
ID camelfb
フォルダ camelmovie
PASS free

[ 2008/01/20 10:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

怪鳥の双激

ついでです。

武器:竜骨銃槍-改
スキル:攻撃UP中、斬れ味+1、ガード性能+2
食事:体力+50
持ち物:
割愛、普通に回復とか

戦術、立ち回り:
ついでクリアなので、楽ちんな2交互でまったりと。エリア3スタートで2へ、チャチャがいるのでここだけは必死でぬっころす。戦っているとクック(原種)に気づかれるので戦闘開始。
一応肉質は頭、翼あたりがいいのですが適当で。とにかくコンセプトはまったり。バックジャンプは踏み込みで叩き落すと気持ちイイです。ロマンチャンスは左右4連の炎中や壁際突進ガード、着地など。怒り時はさすがに動きが早いのであまり欲張っているとすぐ気絶(まあ死にはしないのですが)
原種と戦っていると青がやってきます。2交互は全くエリアチェンジの必要がないのでとにかくそのまま戦い続ける。少しすると原種が移動します。そのまま青と戦い続ける上で注意したいのが砥石。原種との戦いで斬れ味が劣化していると思いますので、青が怒る前に研いでおいたほうが無難。
青としばし戦闘していると(もしくは青がエリア移動した直後あたり)原種がやってきます。大半の武器であれば開始直後か、この時点で原種を討伐可(下位武器ですら…)
10分過ぎに原種討伐。

赤討伐


青がいってしまったすぐ後なので、帰ってくるまでしばし時間があります。好みで追って戦闘してもいいのですが、まったり消化なつもりなのでポージングをしながらのんびりと待つ。

ひま


青が返ってきて戦闘、耳が垂れて弱りサインで逃亡。いわゆる悪あがきですが、どうせすぐ戻ってくるので待ち続ける。
戻ってきて少し戦闘したところで討伐。

達成画面


うむ…まったりした。

--- 追記 ---
悪戦苦闘の末カウンターがついたぞ!
[ 2008/01/19 22:00 ] ソロ | TB(0) | CM(0)

毒の嵐

弓用ゲリョスU防具の素材が欲しかったので、ゲリョス亜種を探していたところ、二匹クエストだったので、ついでにSSもあげてみようかということに。
ゲリョスは大抵タコ殴りで力押し乙、0針~5針で終わってしまうPTが多いので、苦手意識のある人は少ないと思いますけれど、真面目にやると結構楽しい相手だったりします。
ガンナーソロでゲリョスをやったことがある人(通常しばりなら尚更)はわかると思いますが、リロードするだけでも大変だったり、頭狙撃の難易度がわりと高かったり。ガンランスの場合原種はともかく亜種の肉質が若干やっかいで、足などは緑ゲージではじかれたりして、結構面倒です。でも所詮ゲリョスなんですが…

武器:ブラックゴアキャノン
スキル:ガード性能+2、攻撃UP中、斬れ味+1(特に意味なし、たまたま着用していた防具のまま)
食事:ぬこスペシャル、攻撃UP中、防御UP中?(わすれました)
持ち物:
千里眼x3
ペイントx10
他は普通、割愛

戦術、立ち回り:
開始時原種がエリア2、亜種が6にいます。とりあえず2へ直行すれば問題ないのですが、開始エリアによっては亜種にペイントだけして2へ向かうのもいいでしょうか。今回はエリア8スタートで亜種にペイントして2へ、亜種は4へ移動したので同時戦闘はなし。
原種との戦闘、基本的に股下に陣取って腹~股近辺を突きます。痛いのは尻尾回転ですが、今回遭遇した個体は大きかったので、華麗にスルーできてとても楽。閃光は素直にガードしながら。少しうざいのが小ジャンプ~着地連打で、2~3回繰り返すこともあります。風圧をガードさせられると4回ほどスタミナが削られ気分が悪いので、着地タイミングに合わせて斬り上げSAでスルーできるといいでしょう。怒りになると「うぎゃー」と叫んでから少し暴れるモーションがありますが、このときの足踏み連打にコカされないように、怒りを確認したらバックステップ斬り上げで。頭は別に無理して狙うこともないのですが破壊報酬が欲しい場合などは斬り上げか上突き+砲撃、または着地へのロマン、死んだふり時ロマン、砲撃などで。
エリア2で戦闘開始~ひきずって移動~6で寝ようとしたところで亜種と合流。合流がイヤな場合はゲリョス、クックは一旦エリアに入って発覚させたあとすぐエリアを出ると追っかけてきてくれたり、移動してくれたりします。このへんが他の飛竜との違いでしょうか。
亜種が移動したので原種と戦闘、10分ごろ討伐。

原種討伐


研ぎを済ませて亜種のいる5へ行き戦闘開始。亜種は肉質が違うので可能であれば青ゲージ以上を維持したいところ。緑へ落ちたら腹や尻尾を丁寧に狙って突き+砲撃連打。
エリア4に移動され追いかけていくと着地後すぐ飛行、逃げるのかと思っているとどうやら旋回をはじめた様子。

「む…」
滑空だと?


よい旋回に弱い僕はロマンで迎え撃つことに。

「くらえコラー!」
お約束


ヒットはしたものの元気なゲリョスは墜落しませんでした。まあ最近はこんなもんです。
ひきずって移動したので6へ追いかけ、原種の死体が激しく邪魔ながら20分ごろ討伐。頭は二匹とも破壊してました(別にいらないけど)、やはりロマンが大きいでしょうかね。

達成画面


原種はデカいな~と思っていたらキングサイズだったようです。

キングサイズ


[ 2008/01/19 17:46 ] ソロ | TB(0) | CM(0)

蒼眠鳥

Fでの新モンスター、ヒプノック。そういえば過去にヒプノックvsガンス攻略もそのうちやろうかなどと言っていたことを思い出す。上竜骨くらいでしかお世話にならなかった(ヒート素材は上竜骨集めで勝手に揃った)のと、挙動をざっと見た感じ初期ヴォルガノスのように攻略が難しくはなさそうだったので華麗にスルーしていましたが、ヒプノックも繁殖期を迎え体力設定などもかなり高くなっている(9000とからしい)との事なので一応やってみることに。
武器選びであれこれ迷ったのですけれど、結局見た目でバーンガンランスに。繁殖期個体は雷が一応ベストだそうなんですが、そんなにシビアじゃないだろうということで好きなもので。拡散砲撃で「モフッ」と燃えるヒプノックがかわいいです。

武器:バーンガンランス
スキル:攻撃UP中、斬れ味+1、ガード性能+2
食事:体力+50、攻撃UP大
持ち物:
調合書①~⑤
活力剤x10(未使用)
ケルビの角x10(未使用)
回復薬x10(未使用)
ハチミツx10(未使用)
秘薬x2
回復Gx10
砥石x20
閃光玉x5
ニトロダケx20
ネンチャク草x20
陽光石x20
力の爪、護符
強走Gx5
守りの爪

戦術、立ち回り:
通常時はともかく怒り時の攻撃スピードと凶悪性がひどいので、怒り時は閃光拘束メイン。このクエストにおけるポイントは睡眠攻撃とイーオス、虫(地味~にカンタロスがうざい)、特に睡眠攻撃はダメージはともかく時間の浪費が激しいので注意。連続睡眠ブレスハメ中はぼたもち食べるくらいしかやることがありません。

ばあちゃん、ぼたもちうまい
寝ると大変


ダメージという点では怒り時の壁際ハメ。自分が壁際やや近くで突進を閃光止めしようとして失敗すると(ものっすごく早いので要慣れ)壁際までぶっとばされる~ヒプまだ走ってる~起き上がる~ズザー重なる~またぶっ飛ぶ~ついばみ重なる~気絶~祈る~ついばm(ry 等の非常に致死性の高いコンボが怖いです。

通常の立ち回りは踏み込みや斬り上げ(+1~2発)からのサイドステップが基本、斬り上げがギリギリあたる程度の間合いがブレス時のブルブルに巻き込まれにくくてオススメ。斬り上げで狙う場所は足が無難、肉質は頭、腹がいいのですが、とても当てにくいです。ダウンしたらクチバシをガスガスと。ステップはヒプノックの右側(向って左)、クチバシ破壊を狙いたいときはガンランスの攻撃軌道の都合上ヒプ左に位置して斬り上げなどを使いたくなりますがそれは罠。通常時の尻尾回転攻撃は時計回りで、かつ判定が強いのでヒプの右へ右へが安定。単発ステップの後睡眠ブレスのモーション中の体ブルブルに攻撃判定があちこちにあるので、正面に位置していない(ナナメ45度程度)位置にいるならブルブルの外側からかもしくは斬り上げのスーパーアーマーでシカトしつつ一発入れられます。正面へのブレスだった場合は上突きするなり、再度単発斬り上げするなり。真上へブレスを吐いた場合は全方向にボトボト落ちるのが回避しにくいのでガード。ちょっぴり削られますが必要経費。
怒り状態では攻撃スピードがハンパじゃないので、安定するなら単発止めで。ついばみは鬼ホーミング(ついばみ途中でも曲がる)+連続ガードになるので、スタミナの面で非常に危険。対処として有効順であげると①初撃を近距離でサイドステップで回避、②ついばみモーションの足部分でこける、③ついばみをくらう、④全段ガードする、となります(汗)
閃光中の立ち回りで注意するのは、閃光中のみ尻尾回転攻撃が逆(反時計回り)になる点。閃光中ヒプのとる行動は尻尾回転、かみつき、キョロキョロ(とても可愛い)なので下SSの位置が一応安全地帯(とはいっても攻撃の初撃があたらないだけで、その後対応する必要はある)

一応ここにいれば全て対応可能
安息の地


ロマンのチャンスは多くの飛竜共通で着地時と壁際突進ガード時。
壁待ち突進ガードは壁からヒプノック一体分+2キャラ分くらいは開けておかないと突進の持続にひっかかることがある(痛い+その後ハマる可能性も)ので、距離には注意。

着地↓(わかりにくいSS)
着地は燃やす


突進↓(これもわかりにくい…)
突進も燃やす


キャンプ開始(固定)で強走Gを飲んでヒプのいる7へ、私は途中のイーオスはシカト。ヒプが目覚めてこちらを威嚇する際に高確率でアプトノスが巻き込まれて本当にごめんなさい。
メインの戦闘エリアは7と4。滞在時間が長く、ザコが緩めなのでエリア移動を閃光で叩き落して強制戦闘なども。それ以外のエリアはイーオスが大量にいるので、かるく流す程度でもいいでしょう(推奨)
7と4ではそれぞれ閃光2つ程度引っ張り35分頃討伐。

討伐


他にも攻撃性が激しい敵(ギザミや牙獣等)がいますけれど、個人的にはヒプノックはあまり楽しくない気がします。というかムカつきのほうが多いでしょうか。
ガンランスの武器相性は弓、ボウガンについで優秀なほうだと思います。ヒプノックの動きに非常に対応しやすい部類かと。難点はついばみガードくらいでしょうか。

とりあえず終わった。もうやんね…
達成画面

[ 2008/01/19 05:30 ] ソロ | TB(0) | CM(0)

称号についての意見

私が称号について、カプコンとのやりとりを行っていた内容。

きゃめるの要望(うろ覚え)
称号取得条件の変更は仕様追加との兼ね合いで容量不足なのか別の要因なのかはわかりませんが、武具リストを削除せざるを得なくなり、結果称号獲得条件が現状のものにならざるを得なかった、ある意味不具合、改悪となったと認識しています。称号取得条件を緩和して欲しいという要望にとどめないのは、不具合内容を「仕様」と公表する姿勢に問題があると思っていますので、チーム内で協議、検討して今後の運営のあり方に生かして下さい。
という要望に対し

カプコンの公式発表
昨年の追加アイテムボックス実装検討時に、現状のままではゲームデータベースの圧迫や容量制限の問題から、追加アイテムボックスの実装が行なえないという結論が、検証の結果判明いたしました。その為、何らかのゲームデータベースを削除し、その削除した容量を追加アイテムボックスに割り当てる判断を行ないました。

その削除対象が「自身が作成した武器・防具の履歴」になります。
従って、一度に全ての武器・防具作成すると称号を得る事はできますが、ログアウトしてしまうと自身が作成した武器・防具の履歴が消え、称号を得る事ができないという、称号の獲得をお楽しみいただいているお客様にとって「改悪」に近い仕様変更となってしまいました。

運営チームとしては、アイテムボックスの圧迫は見送りできる問題ではなく、追加アイテムボックスの早期導入とページ数を用意するためには、この変更はやむをえないと判断し、「称号を得たい方へ多少なりとも救済につながれば」とできる限り早い告知を行ないました。

この件について、現在もお客様より「昔の仕様に戻して欲しい」というご意見をいただいております。しかしながら、誠に申し訳ございませんが、この件についての改善は現段階では行なえない状態です。以後、何らかの改善が見込めた際には再度運営レポートにてご報告させていただきます。

という内容。

仕様云々は別として、指摘事項を認めていただいて、その上で変更できない旨が書かれていまして、個人的にこの内容に関しては非常に満足しています。

多岐にわたる要望が湯水のようにくる状況下で、安定稼動という題目の元にシステムに調整をいれるわけですから、本当に大変な作業なのだろうと思います。課金を値上げするなどして、設備増強などを行い対応していくという解決策もあるのでしょうが、現時点では据え置きの環境の中でやりくりを行っているわけで、単に仕様が理不尽であるというのも酷だろうと。(それを含めて満足できる仕様にしていただければもっとグッジョブなのですが)

このブログでも一時期問題にした「ガンランスマニア」の称号についてですが、称号取得よりもこういった報告を運営さんが発表してきたという結果に対して、意見を入れてよかったと思っています。
いつか設備増強なのか、大幅アップデートに伴う仕様変更なのかはわかりませんが、称号が取得できる日がくるかもしれません。それまで、作り直したガンランス達はそのまま倉庫にしまっておくことにします。

カプコン頑張れ、運営さん頑張れ。
[ 2008/01/18 00:47 ] その他 | TB(0) | CM(0)

韋駄天杯

ヒマヒマだったので巷で噂の韋駄天杯
でゅーくさんが弓で何度か挑戦しているようですが、TOPとの差がかなり(といってもさほどではない)ある様子。
まずでゅーく先生に小言、今まで頭部位勘違いしててそのタイムだったんですか^^^^
それはさておき、実際にもし私が弓チャレンジをするとして、防具をつくるとしたら火事場+2、攻撃UP大、見切り+3、連射、連射矢威力UPがベスト構成な気がします。まあ単なる個人的見解なので片隅程度にとどめておいていただければ…

私もどれどれ…というノリで一回目様子見でこのタイム。攻撃UP大、匠のバーンガンランスでした。どうやら50位以上との事。
6で戦闘して、引きずって3に移動、着地にロマンで終了という内容。



でゅーく先生に、もはや韋駄天参加資格が火事場+2、攻撃UP大、見切り+3、匠だと言われ、しぶしぶ剛力珠を防具からはずし、アカムセットに埋め込んでみる。
で、耳栓、火事場+2、攻撃UP大、見切り+3、匠なセットができました。先生に火事場発動しながらのエリア移動などの説明を受け、ふむふむなるほどそこまでやるのね…と思いつつ数戦。
実は、やりだすと多少はまりがちなタイムアタックですが、なんだかグランツーリスモをやっている感じ。長続きはしそうになかったので、6戦ほど(リタ3回)あれこれやってみました。
ドドは緑でのはじかれ部位がないので、アカムガンスで会心率80%の鬼仕様が一番効果的な模様。

とりあえず最速タイムがこれ



先生曰く、TOP陣は3分きってるとの事なのですが、とりあえず韋駄天の雰囲気とやり方、難しいところ、楽しいところあたりがわかったので満足。きゃめるの短い夏でした。
一応ランクはSとの事なので、充分満足。もう少し遊び心のある狩猟大会なら必死で参加したいとも思うのですがね。
[ 2008/01/16 02:57 ] その他 | TB(0) | CM(2)

練習の成果

さて、大家族千本ノックの成果はというと。
最初に挑戦したバーンガンランスで、タルもなしでやってみましたところ。

一匹目25分程(若干同時もこなしつつ)
一匹目


35分直後二匹目討伐
二匹目


10分以上も短縮出来たことに、人間なせばなるもんだ。
達成画面


ばあちゃん、見てるかい?おいらは少しだけ大きくなったど
ばあちゃんみてるか

[ 2008/01/14 16:07 ] その他 | TB(0) | CM(0)

竜たちのねぐら

雪山ラーをきっかけに未クエをあれこれ一人で消化。ナズチより強いと噂の沼ババコンガや、ガード+2、匠ができるまでとっておこうと思っていてすっかり忘れていた火山黒グラをクリアして、ようやく

じゃじゃ~ん
英雄

クエ制覇でドンドルマの英雄になれたようです。

一応一区切りということで、ここは個人的に考えるMHF最強飛竜を倒しにいってみることに。
私の考える最強は「蒼レウス」でして、その一方的な攻撃方法、堅い肉質、時間を浪費させられるエリアチェンジ、単品クエストにいたっては強力なザコ達と、まさに最強の名にふさわしいスペックの持ち主。
何度も何度も闘技演習で死亡しながらようやくクエストが出現し、いざ勝負。
防具セットは過去未使用で温存していた攻撃大セット、武器はここぞのキャメルガンランスで。

武器:キャメルガンランス
スキル:攻撃UP大、見切り+1、ガード性能+1、斬れ味+1
食事:体力+20、攻撃UP大
持ち物:
調合書①~⑤
回復薬x10
回復Gx10
秘薬x2
砥石x20
こんがり肉Gx10
閃光玉x5
光蟲x10
素材玉x10
ニトロダケx20
ネンチャク草x20
陽光石x20
力の爪、護符
モドリ玉
こやし玉x10

戦術、立ち回り:
ぬこエリアスタートで即モドリ玉でキャンプへ、肉を食べながら赤レウスの待つ2へ。ガブラスがいますが、レウスの攻撃で勝手に死んでくれることが多いのでシカト。通常時に手数が出せそうなら普通に立ち回り、距離が離れたり飛んだりした場合は閃光でたたきおとす。とにかく時間との勝負。閃光中最も安心して攻撃できるのは腹下ですが、時間との兼ね合いがあるので肉質最優遇の頭へ斬撃メイン。緑ゲージからはつなぎとして砲撃も。閃光ぽいぽいで15分すぎ頃赤レウス討伐。

赤討伐


脳内イメージでは20分切りであれば討伐圏内と予想していたのでまずまずのスタート。最初の閃光2つがガブラスにもみくちゃにされて手数が出せなかったので、リカバーできて満足です。
こやし玉をにぎりしめて頂上を目指す。途中蒼がいた場合、発覚前に即こやしで強制的に移動させながら。
この「こやし法」、某ブログで紹介されたのをパクらせていただいていますが、非常に強力な技!?で、ねぐらをやる際にはとても有効です。みなさんもお試しあれ。

頂上につくとこやしを嫌った蒼がたたずんでいて、狙い通り。いざ最強飛竜と戦闘開始。
基本は赤と一緒で飛んだら閃光で叩き落しながらの戦闘、ただしこのエリアの特性上、壁際を利用しやすいので、突進等は壁待ちも有効。ちなみに壁際で突進を1回ガードすれば、スライディング?中に突き放題でおいしいです。
比較的いいペースと安心していた束の間、蒼のホーミング突進を普通に回避してかわそうとして直撃(もんんんんのすごく減る)1死。かわせば背後から突きを入れられたという欲張ったミス。無難にガードすべきでしたが、後悔してもしかたがないと。
一時撤退しますとのアナウンスで連れてこられたエリアがぬこエリア…必死にツタを登ろうとする私に容赦なく盗みアタックをかまされ調合書③を盗られる。まだ閃光を調合しないといけないので必死に取り返している間に調合書①を盗られる。結局ぬこは全滅させて戦線復帰。泣きながら螺旋階段を駆け上りようやく頂上にたどりつくと

そこにはもう蒼はいなかった。
ぬこめ…1死


しばし呆然としたりコーヒーを飲んだり、独り言チャットをうってみたりしながらしばらく待ち、ようやく蒼登場。先ほどの死にっぷりにビビリながらも気合を入れなおし戦闘再開。途中エリアチェンジではない旋回で、王者の風格をみせつける蒼レウス。よい旋回に弱い僕は条件反射的にロマンで迎え撃つことに。

ヒヒヒ…燃やしてやんぜ
やるしか


滑空してくるレウスにロマンを合わせ、お約束の直撃を喰らい瀕死な僕。塔頂上は難しかったとか無難に閃光で落せばよかったとかいろんな考えが脳裏をよぎったけれど気にしたら負け、あそこでロマンをうたないのはキャメルじゃないということで。
気分をとりなおして閃光祭り再開(最初からそうすれば…)、白ゲージで頭を斬ると血しぶきが激しくて、落ちたテンションを上げてくれて助かります。
赤討伐時余裕と思っていたのですが、残り5分アナウンスで蒼エリア移動。時間までに帰ってきてくれないなんてことないですよね^^^^ 等と思いつつ貧乏ゆすりをしながら待っていると、残り2分すぎ頃に帰ってきてくれました。到着が待ち切れず、閃光で叩き落して即戦闘開始、頭へ数発突いたところで討伐となりました。

間に合った


振り返ってみると、やはりねぐらでの1死の時間ロスは非常に激しいと反省。あとは蒼レウス怖すぎ…さすが最強なだけあります。

なんとか達成できました。
達成画面


私にしてはめずらしく会心フィニッシュだったのでこちらもパシャリ。
というか今まで見切り使うこと自体が稀でしたし…
めずらしく会心のフィニッシュ


-- 一通りやりたいクエストを終えて 後記 --
こやし法、大家族片追い、4鎌交互、双璧交互等々、いずれも過去に偉大な先人達が確立した戦略を利用させていただいております。
私がソロでプレイするようになったこと、ガンランスを使い始めたこと、ブログで記事を書き始めたこと、友人や先人の影響を多分に受けています。すでに引退した人や、Gにひきこもっている人、ブログを閉鎖した人、ドスで現役プレイしている人、Fで精力的に活動している人、私の周りには色んな人がおりますが、みなさんのおかげでここまでやってこれています。
未熟ながら私も誰かのモチベーション維持に少しでも貢献できたりするといいなと願いつつ、今後も細々と続けて行こうと思っています。(さほど見に来る人がいないというツッコミは無し)
[ 2008/01/14 01:34 ] ソロ | TB(0) | CM(0)

金獅子(雪山)

ドドブラに引き続いて、牙獣種つながりでラージャンへ。ねぐらを探していてふと見つけただけですが、まあ気にしない。
ラー戦でつけたいスキルは耳栓、耐震、ガード性能+2、回避性能+2といったところでしょうか、怒り咆哮からのコンボ確定を防ぐ耳栓は欲しいな~ということでスキルを選びました。

武器:スノウギア=ドライブ
スキル:耳栓、ガード性能+1、斬れ味+1
食事:体力+20、攻撃UP大
持ち物:
調合①~⑤
活力剤x9
ケルビの角x9
回復薬x10
回復薬Gx10
ハチミツx10
秘薬x2
いにしえの秘薬x1
強走Gx5
砥石x20
ペイントx20
ホットドリンクx5
力の爪、護符
シビレ罠(未使用)
モドリ玉

戦術、立ち回り:
ラーに対するガンランスでの立ち回りは人によって色々なのだと思いますが、私はどこでもいいのでガシガシ攻撃していくタイプ。尻尾や角に固執したところでそうそう都合のいい状況があるわけではないので手数重視で。
主にラーの右手(向って左)を意識しつつ各攻撃の隙に腹下へ入っていくような軌道で踏み込み~隙に応じて+0~2発~ラーの方向転換に合わせて、同じくラー右手方向へサイドステップ(ラーがこちらを向きなおしてくるのでサイドステップで腹下に位置できるイメージ)、デンプシーとボディプレス、バックジャンプブレスが狙い。
腹下にステップできない場所から攻撃する場合(バックジャンプブレスに合わせて頭を斬るとか各隙に応じて後方から1発だけとか)は1発止め~サイドステップが無難。よくばると危険。
一応尻尾チャンスとしては、デンプシーを股下でスカせた場合、デンプシー終わり際、ボディプレスをステップ回避かラーの後方で振動をガードした後、各ステップの隙に位置取りがよい場合、転倒時くらいでしょうか。
気をつけたい攻撃(というか不可避なものも)は、怒りデンプシーをガード+1以下で正面ガードした場合のノックバック後の振動~次の攻撃というコンボ。ガード+2ならノックバックせず安定するのですが…。正面付近位置からバックジャンプブレスのめくり判定。これは一応真横ガードで対処できる場合があるのですが、よほどの真正面で回避もくそもない位置を除いて、最近はステップするようにしています。本来バックジャンプブレスはラー着地へ踏み込みという攻撃チャンス(しかも肉質のいい頭を狙える)なので、チャンスを逃さないように修練するべきなのでしょう。ちゃっかりノックバック~コンボ喰らって死んでます。テヘ^^^^

実はFになってからやったことがなかった(汗)雪山ラー。ものすごく縦横無尽なエリア移動(8-7-3-7-3-6-8-6うろ覚え)を見せてくれました。

尻尾~角1本~次の角狙い中に逝ってしまわれました。こういうアングルで撮ると「デカくね!?てかデカすぎだろこれ!!」
ラー討伐


上位あがりたてですぐ作成できるスノウギア=ドライブ、コストパフォーマンスに優れた非常にいい武器だと思います。なおかつ強化レシピが以前より軽減されている模様、謎…
とはいえ1匹討伐に40分程の死闘、さすがはラーといったところかもしくは私の腕がごにょごにょ
クエスト画面


ちなみに頭に真正面から斬りこんでいくことは少ないので、角破壊を狙う際は下SSのようにナナメから入って砲撃をうったりもします。尻尾が切れて怒れない状況になると比較的砲撃チャンスもあって楽しい人
フィニッシュ


SSで見たらあんだけデカいのにこのサイズ。
「小さくね!?てか小さすぎだろ!!」
ちびかった

[ 2008/01/13 00:02 ] ソロ | TB(0) | CM(3)

雪山の大家族 (やり直し)

個人的にかなり苦手なドドブランゴ。前回は炎属性に頼った末片捕獲という内容でした。
私が勝手に尊敬する方のプレイを現時点での理想像として、ひたすら練習。どうしてもブラックゴアキャノンでクリアしたかったので、ここ4日間ソロではクエストをクリアしていなかったり・・・ずーっとドド様と遊んでいました。
今回も納得の内容とは言えないのですが、苦心の末ようやくクリアに至ったので紹介してみることにしました。
悩んだのが持ち物で、当初はせっかくガンランスなんだしタルに頼らずなんとかならないものかとやっていましたが、2匹目のひきずり後が追い切れない状態が続き、時間短縮のために大タルGを所持することにしました。あと工夫したのは閃光玉。全体的な戦略は片追いなのですが、一匹目が弱ってからは合流を許すように立ち回る中で、弱った方に攻撃をして怒らせると合流時間が長引いてしまうため、弱った方を閃光拘束しつつ別個体に攻撃を集中するという目的が一つ。もう一つはエリア7で発覚~未発覚を繰り返しながら7に拘束しておく戦術をとるのですが、片方との戦闘の都合でベストなタイミングで発覚作業に向かえない場合、エリア進入しても発覚されないことを防ぐためのいわゆる角笛役というところ。
全体的な満足度としては6割といったところなのですが、ぐだぐだながらもクリアできた詳細を。※動画があるので若干細かい記事になります。わりとどうでもいいことを書いたりも。

武器:ブラックゴアキャノン
スキル:攻撃UP中、斬れ味+1、ガード性能+1、業物
食事:体力+20、攻撃UP大
持ち物:
調合①~②
回復薬x10
回復Gx10
ハチミツx10
秘薬x2
いにしえの秘薬x1
強走Gx5
ホットドリンクx5
ペイントx99
千里眼x3
砥石x20
落とし穴x1
大タル爆弾Gx2
モドリ玉(エリア1へ追う時用、今回は未使用)
力の爪、護符
守りの爪、護符

戦術、立ち回り:
エリア5スタートで強走Gを飲みつつ3へ、ペイント後すぐに6へ移動して戦闘(以下A)、ここからは6-8往復モード。3の個体(以下B)は2を経由して7へ、3-5-6パターンの時はエリア退避で1分程無駄になるのですが、今回はラッキーでした。
6-8-6の針10でA個体牙破壊。ちなみに砲撃での牙破壊はドスよりは格段に楽でしておよそ22発を「顔ヒット」させれば壊れます(ドスは30発強)その後8に移動したところでBのペイントをつけ忘れ見失うという失態。千里眼を飲んでみたところBは2へ行っていました。やむなく6へ、手数をよくばりすぎてボディプレスを連続で喰らい気絶するきゃめるでしたが、ここで足ひきずり巣へ、時計の針はちょうど20くらいでした。3で戦闘後、引きずってまた逃亡。こっそり大タルGを2個置いて…と思ったら、エリア移動先を確認してから置くのが正解でした;; なんと2へ。しかたないので6と7にBを探しにでかけることに。すると7にBが、Aが巣に帰るまで戦闘させてもらう。Aが移動したのでBにペイントして3へ、先ほど置いた爆弾を起爆しながらもまたしても逃亡される、もう時計は25針でした。追いかけようとしたところBが3へ来てくれたので、ついで戦闘。Aが戻ってきて同時になったり大雷光虫にもみくちゃになりながら健気に戦闘。Aへ閃光を投げつつBへ集中、Bが移動してAへ少し攻撃したところで討伐。

ドド一匹目


Bを追って7へ、6に移動して6-8往復になってくれると時間効率が良くて助かったのですが、そうそううまくもいきませんね。そこから3-2-7と移動したところで牙破壊と残り10分のアナウンス。3へ追いしばらく戦闘で残り5分アナウンス、引きずって最悪エリアの2へ逃亡。こっそり落とし穴を仕掛けてから全力でダッシュするも突き3発、砲撃1発、ロマン1発当てたところでまた逃亡(ロマンはグッジョブだったと思います)エリア3着地=落とし穴に突き数回+ロマン、時間的にこのエリアで最後なので必死で攻撃。最後に時計を確認したのが残り51秒でしたので、おそらくギリギリの討伐となりました。

ドド二匹目


おそらくゴアキャノンと私の防具、腕の総合で考えるとラッキーなだけだったような気がします。気絶で死んでもおかしくなかったですし、動画を見るにまだ立ち回りが非常にお粗末ですので、それなりのプレイヤーがやればゴアキャノンでも比較的時間に余裕を持って(でも5分くらいでしょうか)いけそうな感じではあります。

とりあえず一区切りはついた達成画面
たっせい画面


4日分の苦労はとりあえず報われた
よろこびジャンプ


今回立ち回りで変更した点は、今までは牙折り砲撃を序盤にすませてから普通に攻撃を行っていました。余計なダメージを与えて怒り状態にすると防御があがって折りにくいためなのですが、時間効率がよくないので牙を狙えない状況ではそれに応じた攻撃をすることにしました。とはいえ優先度としては牙が一番なのですが。
次にロマンですが、潜行~突き上げには比較的安定して当てられるようになりました。よくばって通常時に狙うとはずしまくってショック大です…
細かいところはまだ色々変わってきていますけれど、語れるほど大した内容ではないので割愛します。
課題としては、牙に未練がある状況での立ち回りの思い切りがよくないこと。普通にやればこれほど時間をかけなくて済むのはわかっているので、自然と牙が折れるような立ち回りにしていきたいところです。

ちなみに動画ですが最初から最後まで全て含めて320MBでした。今のところファイルバンクしかあげられるところがありませんが、もし見たいという奇特な方がいらっしゃれば上げようかと思います。(内容的には私がモッフモフにされているだけですけれど)

あげてみろということで

恥ずかしい動画はこちらに

フリープラン
ID camelfb
フォルダ camelmovie
PASS free

[ 2008/01/12 03:03 ] ソロ | TB(0) | CM(0)

百花繚乱 (やり直し)

ガンランスのラインナップの特徴として、属性付きのものが攻撃力が高く設定され、無属性のものは虎砲を除いて倍率190止まりという謎仕様。特に斬れ味ゲージが良かったりするわけでもなく、バランスというか意図が全くわかりません。2.0のアップデート時に現在無属性のものを強化できたりするのでしょうけれど。せめて属性がないなら倍率200(攻撃力460)超えか、ゲージ性能で差別化してほしかったところです。
ただ、そういった性能に設定されているからガンランスが弱いか?と言われればそうでもなく、砲撃の運用によってなんとかなったりするケースが多いのも事実。そんなことを一人でぶつぶつと考えながら、過去記事で属性に頼ったものを無属性でなんとかしてみようということに。(4鎌もその一環だったりします、炎ほとんど通ってませんがね…)

選択したクエは百花繚乱。前回はナナ=バーストでヌルくクリアしたクエストです。
実は1度ブラックゴアキャノンでクリアしたのですが、SSの出来が非常に気に入らなかったので、いわゆる撮り直しということで、つくりたてのキャノンランスで行ってみることにしました。
なかなかにしぶいフォルム、カラーのこいつ。攻撃力は414、拡散砲撃LV3となっていますが、実はヒートブラスター改に完全に喰われている一品。ヒートと同じスペックでゲージ性能が劣っています。後発なのになんでまたこんな…というのはさておき、わりと苦労した内容について。

武器:キャノンランス(紫がしぶい)
スキル:攻撃UP中、斬れ味+1、ガード性能+1、業物
食事:体力+50、攻撃UP大
持ち物:
調合書①~④
回復薬x10
回復Gx10
秘薬x2
千里眼x3
こんがり肉Gx10
ペイントx10
砥石x20
閃光玉x5
シビレ罠
落とし穴
力の爪、護符
守りの爪、護符
素材玉x10
光蟲x10

戦術、立ち回り:
エリア6スタートで肉を食べながら9へ。チャチャブーが嫌なのでエリア7入口側で戦闘開始。今回のレイアはキングサイズでとにかくデカい。こういったデカいやつには無理に尻尾を狙わず、腹をメインで。頭もいいのですが、上突きが当たりにくかったりするので個人的には嫌いです。砲撃は斬れ味青以下ではガンガンぶっぱなすスタイル、もちろんロマンも。尻尾はサマーの着地や転倒時など地道に狙いつつ、エリア移動を追ってからの着地待ち時などにシビレ罠を置いて切断。途中エリア3にて桜に合流されましたが、桜を盾にしつつ(桜の腹下に位置)原種のブレスなどをスルー、突進はガードなどでしのぐ。途中で桜が寝に帰ってしまうので、原種を盾にしたかったのですが、余裕がありませんでした。
そんなグダグダながらも24分ごろ原種討伐。

緑討伐


千里眼を飲んで桜を捕捉。巣で寝ているところを抜刀で起こして戦闘開始。気付かなかったのですが、桜を盾にしながら2匹同時戦闘していた時にすでに頭が壊れていたようで、睡眠による回復がやっぱりもったいなかったなと後悔。
桜は白青ゲージ以外は攻撃部位を選ぶ必要があるので、閃光での拘束~頭狙いを多めに。閃光をケチるなら斬撃重視がいいと思いますが、好きなだけぶっぱなしたかったので、調合を駆使して閃光多め。
ガンランスの対レイア戦で楽しめる要素としては、まず筆頭としてサマーの撃墜。斬り上げのスーパーアーマーで風圧を防ぎつつ砲撃(1発しかうてませんが)で落下させるとテンションが上がります。あとはロマン無敵を利用した突進止め。個人的にもまだ完璧にはいかないのですが、突進をロマンで迎え撃つのも非常に楽しいです。ただし時間効率を考えると普通に張り付いていたほうがいいような…まあそのへんも含めてロマンなのですが。
個人的な課題が一つあるのですが、腹下位置でのサマーへの対応がちょっと問題。いまのところベストな対応はサマーに合わせてステップ回避(レイアの左側へがやりやすい)~着地にロマンか斬り上げ砲撃、尻尾が切れてなければ尻尾へ踏み込みというもの。キモはステップなのですが、モーションを見た時の位置によってはガードを余儀なくされてしまいます。その後ガードし続けると強走を飲んでいない限りスタミナはほとんど削られる状態までガードさせられ、非常に危険。尻尾ガード~風圧1回ガードからは即振り向きロマン(ガード位置によって)が出せる他、踏み込み斬りも出すことができます。が、レイアのサイズがやや大きめ以上の場合着地の足に引っ掛かり結局転ぶハメに。なので私の場合レイア右足前側あたりでのサマーガード時には尻尾、風圧1回をガードしたら斬り上げを出してわざと着地を喰らってふっとぶという妥協戦略を使ったりも。桜はサマーモードに入ると、頻繁に出してきますので非常に時間がもったいないというか(汗)、汎用的な解決策としては「ガード性能をつけない」だったりするんですが^^;
ということで桜はもう少し苦戦の予感でしたが残り5分アナウンス直後桜討伐。どうやら原種の方が個体値が高いやつだったようです。
トドメはロマンだったのですが、SSではわかりませんね;; なんのために撮り直しに来たのかと…
桜討伐


とはいえキャノンランスのデビュー戦としてはまずまずといったところでしょうか。こいつもスノウギアシリーズと同じく現在はリミッターの使用を義務付けられているそうです。ドライブみたいにリミッター解除したらどんな性能になるんでしょうかね。
達成画面


[ 2008/01/09 21:35 ] ソロ | TB(0) | CM(0)

ぐち

ガンランス25本持っててガンランスマニア取得できてないのに疑問を抱いて称号が取得できない不具合かもしれないと、ちょっと質問してみた。

めぼしいガンランスは全て持っていますが、何故称号が取得できないのでしょうか?

カプコンからの回答:11月7日のリファインアップデートで仕様が変更されました。1回のログイン~ログアウトを行う間に条件を満了していることが必要となります。

そうですか、そんなこと一言も聞いていないと思いましたが勘違いでしょうかね…

ということで、金剛、ゴアキャノンはあるからいいとして、ナナ=フレア、ビッグスラッガーをまた(無駄に)作成する必要があるんですね。ナナ角在庫0からの涙目連戦、カブレライト20個も一つもないところから採集祭り。うまいの棒氏に手伝ってもらって、ゲリョス連戦。

そしてナナ=フレア、ビッグスラッガー生産、全て同時所持できました…が、称号は取得できた気配がなし。クエにいってみたり、一度ログアウトしてつなぎなおしてみたりしても同じ。

ちょうど同じ街に、以前一緒にクエに出かけたことがある方がいらしたので、愚痴ってみるとどうやら「1回のログイン~ログアウトの間にすべてを生産」らしいですよ、ありえませんけど。との事。事実かどうかは定かではありませんが、実際取得できてないことを考えると本当かもしれません。

「条件を満了」ってそういう意味なんですか…普通の人が見てどういう解釈をするか想像しないのでしょうかね。

無駄に時間と労力を費やし心が折れたので、称号はもう要りません。本当にありがとうございます。(ナナ=フレアだけはブレスに強化して白ゲージを楽しみたいと思います)

------------------------

<追記>
再度の問い合わせに対してカプコンより回答がありましたので、お知らせします。
11月7日アップデート情報の武器リスト排除にともない、称号取得には称号条件武器を全て1回のログイン~ログアウト内で「生産」することが必要となります。
との事です。

普通に狩りをしているプレイヤーは、たとえばナナ=フレアを目標にして素材収集開始、ナナ連戦、採集を経てめでたく武器強化でナナ=フレアを入手。ここまでに相当な時間がかかるでしょう。ここでログアウトするとすでに称号入手条件をクリアしていないことになります。
マニア称号は間違いない情報を入手してから、狙って取らないと無理ということです。これからマニア称号を狙っている人は注意して下さい。私のように勘違いをしていると間違いなく涙目になります。

もはや称号に関してはどうでもよくなったので、常識的に考えて取得できない条件に設定したことに関してチーム内で協議、今後の運営に生かしてくれと意見だけしておきました。
ということで、私は「自称」ガンランスマニアということで結構です。ちなみにでゅーくさんがつけてくれた「ロマン師」という称号が非常に気に入っています。

[ 2008/01/07 02:02 ] 雑記 | TB(0) | CM(4)

4本の大鎌 (やり直し)

かなり前にバーンガンランスにてグダグダにクリアした4鎌。過去の記事にも書いたように、ブラックゴアキャノンかシザーキャノン改でやりたいと思っていたので、あらためてやり直すことに。カニ対決ということでシザー改を背負っていってみました。

武器:シザーキャノン改
スキル:斬れ味+1、ガード性能+2、攻撃UP中
食事:体力+50、攻撃UP大
持ち物:
調合書①~⑤
活力剤x10
ケルビの角x10
回復薬x10
ハチミツx10
回復Gx10
秘薬x2
砥石x20
ペイント
千里眼x3
クーラーx5
にが虫x10
氷結晶x10
力の爪、護符
強走Gx5

戦術、立ち回り:
エリア5スタートでクーラー、強走を摂取して3へダッシュ。ギザミの背後からヤドへステルス攻撃(踏み込み、砲撃、上突き)、即ロマン。以前は突き+砲撃でヤドへ攻撃していたのですが、今回はここを工夫。ロマンの回転率を上げていく方針にしました。実はシザー改vs4鎌は何度も練習していて、どうしても1週目交互がうまくいかず(ヤドが3分以内に破壊できない)今回の立ち回りに落ち着きました。他のロマンチャンスは天井からの着地、その場突き上げ、ガッツポーズ、怯みorダウン時になります。今回はちょっと早く壊れて2分20秒程で破壊。忘れずにペイントしてエリアを去っていただきました。
別の個体が来て、またステルスでヤドへ。ヤド1怯みからは最初の個体の移動を見ながら、右足へ攻撃してのダウン狙い。到着に合わせてヤド破壊(若干同時になりました)。
4鎌のキモはひとまずここまで。あとはかぶりなおしたヤドを迅速に破壊できるかどうかと、足狙いの精度の問題。
練習の甲斐あって、ヤドの破壊は順調にいきました。2匹とも2週目に破壊完了。以前と変わったのはその場突き上げに対するロマンをヤドか悪くても右足へ当てられるようになったこと。着地へはまだ精度を上げられそうで、何度か近づきすぎて直撃を喰らう場面が(汗)
足ダウンへのコンボは踏み込み~砲撃~「上突き~斬り上げ~上突き~砲撃」~「繰り返し」を入れれるところまで。シザー改は砲撃タイプが通常ですので装填数が多く、こういった連携での持続性はピカイチです。
同時時間が1分ほどの順調な交互をこなしつつ1匹目を43分程で討伐。

今回は一匹目のSSも撮れました
ギザミ1匹目


エリア5にいる2匹目を追い、残り5分アナウンス直後討伐。
ギザミ2匹目


全体防御を加味してもシザー改でいけるだろうと予想、目標にしてきたので正直かなり嬉しいです。vsギザミのトラウマも若干和らいだ感じです。
わりと後発でありながら、性能が防御+22以外完全に他のガンス(超序盤からスノウギア=ドライブに完全に喰われ…)に比べると見劣りするため、あまり背負っている人を見かけないシザーキャノン改ですが、愛があればできる子です。

ハンマー使いの人が見たら笑われそうですが、これでも頑張ったほうです(汗)

シザー改だってやればできるんだっ
達成画面


フィニッシュもよかった、うん。
フィニッシュもよかった


[ 2008/01/04 03:17 ] ソロ | TB(0) | CM(0)

新武器あれこれ

さほどネタがないので、とりあえずコレクション的につくった新武器の紹介

こちらはヴォルガノス亜種素材で生産できるクリムゾンゲイザー改。見た目どおりの炎属性で会心のオマケがついています。
盾のデザインがあまり好みではないので、滅多に利用しない倉庫のこやし武器に。
クリムゾンゲイザー改


こちらは性能面では新実装ガンスの中でもトップクラスの十六式機械槍。高い水属性もさることながら物理攻撃力506、放射LV3と非常に強力。デザインも「老舗工房自慢の」というだけあって、どこかレトロでかなりの人気がでる予感。生産素材にギルコがいたり魚竜のコインがいたりとわりと面倒だったので、作成記念に逆襲グラビにいってパシャリ。愛用のリオソウル防具セットによく似合うのもポイント。
十六式


個人的にデザイン最優秀賞を送りたいコチラはショットガンランス。十六式やキャノンランスへの強化途中武器で、攻撃力やゲージなどは2級品レベルなのですが、とにかくこの見た目。
今回は十六式を作成したかったので、やむなく強化しましたが、いずれコレクションにひっそり置いておきたい逸品。
ショットガン

[ 2008/01/04 00:37 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

お年玉

新春紅白イベントなるものにいってきました。

気になる報酬がこれ
お年玉(子)


このお年玉で「羽子板ブレイド」なる大剣ができました。
せっかくなので、でゅーくさんと羽子板しばりで夫婦へ。

うむ、この剣。とても…弱いです。

なんとか30分ほどで討伐

これが羽子板だ!ヴォルガノス亜種が着物を着ています。(メスだったのか…)
羽子板ブレイド


裏側から見るとこんな感じ
羽子板ブレイド(裏)


ドスの猪イベントみたいに、魚竜のコインや金の卵なんかを沢山出してくれるほうがありがたかったり。

ガンランス作成のために今回もまたギルコが結構必要になってきました。闘技場連戦でもしてみましょうかね。
Fの闘技場ディアのガンランス防具は耐震がついてかなり楽に。砲撃威力も高いので以前とは比較にならないほど難易度が低いので連戦もあまり苦になりません。
でもギルコは全然でないんですけどね…
[ 2008/01/02 03:42 ] その他 | TB(0) | CM(2)

銀一色

ということで、引き続き銀もやりにいってきました。

肉質が一緒で閃光中の動きも一緒、ええ…ついでです。

閃光ぽいぽいで終了
銀も


尻尾無視してレウスレイアやるのはどこか虚しいものがありますね。
どこかむなしい達成画面


別にソロのリストを作っていたりするわけではないのですが、なんとなく。
しかし、20分しばりがこれほどきついとは思っていませんでした。Fならではのスキル祭りでようやくといった感じです。

さて、新春の遊びを考えないといけないな(@ω@) ワクワク
[ 2008/01/01 16:37 ] ソロ | TB(0) | CM(0)

金一色

ということでリベンジにいってきました。

スキルを変更+怪力の種まで導入
スキルは攻撃UP大、斬れ味+1、見切り+3、業物

強走Gのんでダッシュ、閃光ぽいぽい

残り1分ほどで…
いったー


気が済みました。
やったぞ;;


今年はいい年でありますように。
うれしさのあまり


ここまでスキル上げないとダメなんですかね…銀も…やるのか?
[ 2008/01/01 15:37 ] ソロ | TB(0) | CM(0)

うほー

このタイトル名は私が今年最初に発した独り言チャットです。
昨年でゅーくさんと銀一色に2人で行った時に、お互い真剣ながらもまさかの時間切れに終わったことがあり(その後同武器でリベンジはしましたが)なんだか興味があったので、今年最初のソロクエストに金一色をチョイスしてみたのですが、1回目時間切れ。帰ってきて発した独り言がこれでした。
初クエストから失敗したわけですが、この辺がきゃめるらしいところで、今年もグダグダな予感。もはや安定とさえ言えるでしょうか。
悔しかったので、リベンジに。

武器:クロームレクイエム
スキル:斬れ味+1、ガード性能+1、業物、攻撃UP大
食事:体力+50、攻撃UP大
持ち物:
閃光5個と20個調合
時間がもったいないので強走G
あとは普通(割愛)

戦術、立ち回り:
キャンプから強走Gを摂取して猛ダッシュでレイアの元へ、とにかく時間がない。
戦術は閃光ぽいぽい~翼チクチクだけ。もはや尻尾も狙いません。しかし連続怒り突入を考えるとまた失敗しそうでした、結果は捕獲まで。

うほー


無念
しんどいぞこれ


無難に捕獲したのは、ひとまずクリアをつけたかったので。
なんだか悔しいのでまたやりにいってきます。

正月早々これかおぃ…
[ 2008/01/01 14:38 ] ソロ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。