きゃめるの奮闘記

くだらない日常的なことや好きなゲームのことなど。現在雑談メイン
きゃめるの奮闘記 TOP  >  スポンサー広告 >  動画 >  双轟竜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

双轟竜

久しぶりの双轟竜が配信されていたので、自動マーキングなしである程度いけそうな戦術をあれこれ模索。
動画を撮りながら2匹の移動パターンやエリア滞在などをあれこれ調べて、多少いけそうな自身がついたのでマーキングを捨ててやってみました。
とはいえ戦略自体に慣れているわけではないので、武器は若干オーバースペックの隊長で。



武器:討伐隊長専用銃槍SPⅦ
スキル:龍風圧、匠、砲術師、業物、ガード+1、攻撃大、隠密、心配症
食事:体力+50、スタミナ+25
持ち物:
調合書①~②
回復薬x10
ハチミツx10
回復Gx10
秘薬x2
強走Gx5
ホットx5
砥石x20
力の爪、護符
守りの爪、護符
モドリ玉
ペイントx30
閃光玉x5
鬼人Gx1

戦術、立ち回り:
まずティガレックスの初期位置は8と1
基本巡回パターンは大きく2つで、8-6-7をぐるぐる回るパターンと8-7-3-1と下山していくパターン
8を起点にすると6へ移動した場合は7-8へと巡回、7へ移動した場合は下山ということです。
未発覚の場合のエリア滞在時間は1分25秒ぐらいで移動していきますが、開始直後のみ滞在が若干変動。8個体は50秒ほどで6へいき、そこから1分25秒ごとに7-8と移動していきます。
これを踏まえつつ、ない知恵を絞って考えた戦法は以下。
1.エリア1スタートはそのまま1個体と戦闘、それ以外は開始直後モドリ玉~1個体と戦闘
2.残り時間47分40秒離脱を目安にペイントをして1個体を放置して7へ移動(あまり早いと6で遭遇、遅いと8へ移動される)
3.7で戦闘中に1個体が8-6と移動してきたら発覚だけさせて7へ戻る。
4.発覚作業が終わった後エリア7に戻ったらペイントをしてエリア8側で戦闘しておく。
以下 基本的に7で戦い、別の個体が6に到着したらちょっかい→7へ戻り戦闘を繰り返すだけです。

簡単にいってしまうと8-6-7の3つのエリア巡回時間だけだと合流が長引いてしまうので、一度発覚を入れて滞在を引き延ばしているだけです。
かつ、エリア7の8側では到着直後のティガは発覚せず、ここでも少し時間的猶予があるのを利用して交互戦闘を行っています。

ちなみに例外があり(結構忙しい)7で戦闘中6個体がやってきて7個体は8へ移動するのですが、下山モードを選択された場合6に行かず、7に来てしまいます。
この場合移動を確認したら8や6へ一旦退避して3へ下りるのを待ち、7個体と戦闘再開。このときは7個体が移動したあと丁度いいくらいに下山個体が6に戻ってくることが多いので
6で待ち伏せ~戦闘。続いて8個体も6へやってくるので、7へ移動して通常パターンに戻す(6で戦闘した個体は8-6-7と移動する)

とはいえ、この下山モードへの対処は私自身もあまり自信がありません(汗)
崩れパターンが存在するかもしれませんし、その後の移動にしてもディアブロスみたいに怒りだとかが関係してくるとかなりカオス。

もう少し研究の余地がありそうですが、相手がティガだしなー…

文章力がないので、上記戦術をやってみた動画をご覧いただければわかりやすいかもしれません。
別個体が気になって立ち回り自体はグダグダですが、そのへんは愛嬌ということで。



ちなみに火事場大剣なんかで5針と噂のティガ。こんな分断がいるのか若干疑問に思いますが、私は非火事場派なので^^
スポンサーサイト
[ 2008/08/11 22:23 ] 動画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。