きゃめるの奮闘記

くだらない日常的なことや好きなゲームのことなど。現在雑談メイン
きゃめるの奮闘記 TOP  >  スポンサー広告 >  動画 >  ヒプノック希少種(連邦の白い悪魔)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒプノック希少種(連邦の白い悪魔)

さて、個人的な目玉ヒプノック希少種と遊んできました。

幸い勝ち組クエストで何度か対戦していたので、必須スキルは耐震+睡眠対策ということは把握しておりました。
私の場合睡眠無効系の防具はないので、ガード可能なガード+2と耐震をつけていってみることに。

途中、いっそひと思いにと思う場面もありましたが、なんとか無事でしたの。凶悪ですのぅ…


持ち物など

武器:デッドウイングSPⅦ
スキル:耐震、ガード+2、攻撃大、砲術師、業物、(隠密、状態強化)
食事:体力+50、攻撃大
持ち物:
調合書①~⑤
活力剤x10
ケルビの角x10
回復薬x10
ハチミツx10
回復Gx10
秘薬x2
強走Gx5
砥石x20
力の爪、護符
守りの爪、護符
閃光玉x5
光蟲x10(未使用)
素材玉x10(未使用)

戦術、立ち回り:
立ち回りは完全にアドリブ。特大エフェクトがでる部位もあるので、匠をつけて斬撃重視か、砲術師+砲撃ロマン重視か悩みましたが、耐震を前提とする場合比較的ロマンチャンスがあるので砲術師で。
ロマンチャンスは反復横とび~アラレちゃんダッシュ(振動をくらった相手がいない場合ダッシュしないようです)と飛行・着地~突進から勢いあまって転倒し後頭部痛打(振動をくらった相手がいない場合突進しないようです)
これらの行動は比較的使用頻度も高いのでかなりロマンを当てていけます。
厄介な行動は中距離睡眠ブレス(かなり遠くまで届く)と近距離拡散睡眠ブレス(複数個落ちてきて、位置によってはめくられる)がありますが、ガード+2でガード可能なので落ち着いて対処したいところ。若干削られますけれど必要経費ということで。
最もよけにくいと思われるのがついばみ。動画を見なおしていてわかったのですが、ついばみは2種類。ふいに出してくる飛距離の長いついばみ(足判定でコケやすい)とサイドステップx2から繰り出してくるショートついばみ(サイドステップx2の後は確定ぽいです)
で、ついばみのモーションをよく見てもらうとわかるのですが、4回つつくのですが、ヒプノックからみて右~左へ少しずつ頭が移動しています。つまり出始めはヒプノックからみて右側に判定が強いということになります。プレイ中尻尾回転攻撃を警戒して、ついばみを向って左に回避しようとしてよく喰らっているので、気をつけたいところです。たぶん上突き終了でガードしたほうが良かったかもですね。
もう一つの反省点が中間距離で回避に専念する場面(回復を使いたかったり、研ぎたかったり)でついばみの猛攻にあっていますが、思いきって懐に入るか遠距離に離脱したほうが仕切り直しやすいかもしれません。
まだまだ工夫の余地がありますね。



希少種強いですな。
スポンサーサイト
[ 2008/08/16 16:02 ] 動画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。